桃とロングスカート。

ピアノ独学、チェロ、コントラバス、イラスト、読んだ本、漫画、料理、紅茶!( 」´0`)」

タグ:奏法

ピアノで大きな音を出すためには、脱力して腕の重みを利用して弾くものだと、今日までは思っていました。ピアノを弾くときの、からだの使い方。~弱音・強音~コントラバスをやっていた頃、弓を扱う右手はとにかく脱力することが音量・音質の重要な鍵となっており、その印象 ...

ピアノの鍵盤上を、指の開きでは足りないくらい腕を大きく移動する動きを跳躍と呼びます。・弾く直前に、飛ぶ先の鍵盤を一瞬でも見るひとまずはこれをすることで、かなり精度が上がります。しかし遠く離れた音に、正確に、しかも鍵盤を見ずに当てるためには、少しコツがいり ...

楽器をやっていると、よく「歌う」という言葉を耳にしますが、声じゃなく「楽器で歌う」とは、これいかに。ここでいう「歌う」という言葉は、もちろん比喩なわけですが、楽器で歌うためにはどうすればいいかについて、知識と考えを整理してみたいと思います。たまには少し、 ...

グランドピアノの鍵盤というのは、その構造上、押していくと2段階で止まるようにできています。詳しくはハンマーのつくりが載っている鍵盤の断面図でも見てもらうことにして、演奏に際して知っておきたいのは、この2段階をうまく利用すると音色が変わるという点です。いわゆ ...

―――左手に分散する大量の音、音、おと!こんなのどうやって弾くんだよと思いますが、運指はともかく、しっかり一音一音意識しすぎて遅れてしまう、なんてことがありますよね。そんな時に意識したいのがこの2つ。・指ではなく“腕”を早く動かす・“押す”のではなく“な ...

ピアノを弾くときには、『左手の次の音が遠くて、遅れてしまう』なんてことがありがちです。左手に限ったことではありませんが、一定のリズムで音を出したいのに、跳躍のときだけ遅れてしまう。そんなときに改めて意識したい、当たり前のことがあります。それは、遠くへ手を ...

ピアノを弾くときに、“タッチ”という言葉がありますけれども、これって実際、なんなのでしょうか。今のところ、わたしはこう考えています。ある出したい音があって、それを実現するために、・鍵盤に、指がどう触れるか・鍵盤にそのように指を触れさせるには、手や指をどう ...

↑このページのトップヘ