book

女子高生殺し屋たちが暴れながらキャッキャする『デストロ246』の作者、高橋慶太郎のデビュー作『オーディナリー±』は、デストロ246の主人公、的場伊万里の過去編です。



過去編といっても、舞台はすでに高校で、彼女は仙崎に雇われて学校関連の汚れ仕事をこなしています。

「学校関連の汚れ仕事ってなんだよ」って思いますけど、この学校には香港マフィアだの臓器売買に手を染めた国防関係者だの学生を利用した密輸ルートだのCIAだのがのさばっているので、伊万里ちゃんはいつも大忙し。どんな学校だよ。

荒削りだが迫力のある絵、特に“眼光の鋭さ”は、デビュー作たるこの頃から健在。この作者の描くキャラは、眼に力がありますよねえ。

デストロ246を読み終えた後だと、あの最強JK的場伊万里の不安定さ、危なっかしさは、殺し屋という立場に苦悩していたこの頃の方が、まだマシだったように見えます。

やがて彼女の殺し屋としての技量はさらに研ぎ澄まされ、悩みは痛みに変わっていく。ぜひデストロ246とセットで読んでみてください( 」´0`)」








ピアノ独学8年がいろいろ書いてます。( 」´0`)」
 

【無料・有料】ピアノを“買わなくても”ピアノが弾ける場所まとめ
 

電子ピアノの選び方:買うときに大事にしたい3つのこと。


「ピアノ報告部」をつくります。一緒にピアノ弾きましょ!




よく読まれてます。( 」´0`)」


楽器を上達するために、いちばん大切なこと。


短く切る”ことで、どんな音を表現してるの?スタッカートの本当の意味。


人生でやりたいことをすべてやるために考えたこと。~2.“元気な時間”を長くする~




ピアノ全然関係ないんですけどよく読まれてます。( 」´0`)」


コントラバスの松脂4種、弾き比べ!

独学にオススメの音楽の本、4選。


絵を描く用の左手デバイスに、テンキーを買いました。


スマホ代が月300円くらいになった。