独学でピアノを始めて早10年、ここ3年はついにレッスンにも通い始め、このくらいは弾けるようになりました。
 


趣味にしては、自分でも長く続いたと思います。

完全な音楽初心者から始めたので、楽譜の読み方から、弾くときの姿勢、教わるまでずっと勘違いしていた体の使い方など…。

小さい頃から習っていた人なら「考えなくてもできること」にいちいち悩み、初心者独学だからこその失敗や「気づき」を、これまでブログに蓄積してきました。

しかし一番難しかったのは、「ピアノを続けること」
でした。

今回発売する有料noteに書いたのは、ピアノ自体の知識ではなく、

「ピアノを独学で続けるための気づき」

がメインです。

ピアノという楽器で何かを弾くためには、自分の弾きたい曲が弾ける程度には上達しなくてはなりません。
大人になってから新しい技能を習得するということ、それにはどう足掻いても練習が必要です。

しかし厄介なことに、趣味で独学だと「いつでもやめられる」んです。
つまり、サボろうと思えばいくらでもサボれてしまう。

そんな状態で、どうやって練習を継続するのか?
どうすれば趣味のピアノを楽しく上達しながら継続できるのか?

そこを重視して書いた記事です。

この note は、これまでブログに書いてきたことに加筆、修正して、

「これからピアノを始めてみたい!」
「本当に大人になってからでもピアノはできるの?」
「ピアノを始めてみたいけど、実際やってみた人どんな感じなの?」
「ピアノを独学で始めてみたはいいけど、いまいちやる気が続かない…」

なんて方向けの読み物としてまとめたものです。

目次

・音楽経験ゼロの私が2週間でピアノで1曲弾けるようになった、たった1つの『気づき』。
・ピアノでどうしても弾きたい曲があった私は、思い切って丸暗記することにした。
・電子ピアノは『下手でも上手に聞こえる』。
・楽器を上達するために、いちばん大切なこと。
・「元気な時間」を長くする。
・記録をつける。
・独学と教室のメリット・デメリット。
・「やる気がなくてもやってみる」と、なぜかやる気が湧いてくる。 
・どうしてもピアノやる気出ないときに唱える魔法の言葉。
・best を must と思い込まない。
・人生は短い、better でとりあえず進めていくしかない。
・「ピアノ報告部」。
・社会人になってもピアノの練習時間を確保するための「3つの家事時短術」。
・ピアノを続けるのに本当に必要な2つのこと。
・おまけ 1:電子ピアノの選び方:買うときに大事にしたい3つのこと。
・おまけ 2:ピアノを買わなくても弾ける場所まとめ
・おまけ 3:独学にオススメの音楽の本、6選。


大人になってからピアノを本気で始めてみたい方、きっと力になれます。
あなたの人生にピアノが加わる手助けになれたら、こんなに嬉しいことはありません。

購入はこちらから↓
note:大人になってからでも楽器はできる。独学でピアノを10年続けた「継続のコツ」。