3049227706_67fce65d4e_o

ピアノに限らず、すべての楽器に言えることだと思います。もしくはきっと、スポーツにも。

前提として、“楽器を趣味でやっている”、“練習時間の短い方”向けです。

毎日6時間くらい練習するプロの方にとっては、はなからわかりきったことを書きます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


8年くらいいろんな楽器をやってきて、今のところ思う『上達する上でいちばん大切なこと』は、『毎日弾くこと』です。

他にもいろいろ大事なことはありますが、どうしてこれが“いちばん”大事かというと、時間のロスを防ぐためです。

楽器というのは、『何もしないと下手になって、取り戻すのに時間がかかるもの』だからです。



楽器の上達は、

練習する→上手くなる→時間が空く→下手になる→練習する→下手になった分を取り戻す→さらに練習する→上手くなる→・・・

という流れの繰り返しです。

趣味でやる方が、短時間の練習で上達 “し続ける” ためには、この『下手になった分を取り戻す時間』というのが、たいへんなロスになります。

たとえば3日ぶりに楽器を弾くと、下手になった分を取り戻すのに、5分や10分では足りません。

30分。1時間。どのくらいでしょうか。

それが毎日弾くと、下手になった分を取り戻すのに、5分や10分で済むのです。やってみてください。すぐにわかります。

わたしは『1日に最低でも5分は楽器を触る』というのを心がけています。

そうすると、少なくとも現状維持はなされるので、いざじっくり練習できた日には、成長を期待できます。



趣味でやるにしても、上達するために練習量は大正義です。

しかしそこは趣味。なるべく短時間で効率よく上達したいですよね。

そのために、『短時間でもいいから毎日』というところがポイントになってくるわけです。

どうでしょう。1日5分。まずはやってみてください。きっとすぐにわかりますよ。



よく『独学なのにそんなにピアノ弾けてすごいね』と言われるのですが、そういわれると、心の中でこう返します。

「あなたも8年間、ほぼ毎日ピアノを弾けば、このくらいすぐに弾けるようになりますよ」と。



ピアノ独学8年がいろいろ書いてます。( 」´0`)」
 

【無料・有料】ピアノを“買わなくても”ピアノが弾ける場所まとめ
 

電子ピアノの選び方:買うときに大事にしたい3つのこと。


「ピアノ報告部」をつくります。一緒にピアノ弾きましょ!




よく読まれてます。( 」´0`)」


楽器を上達するために、いちばん大切なこと。


短く切る”ことで、どんな音を表現してるの?スタッカートの本当の意味。


人生でやりたいことをすべてやるために考えたこと。~2.“元気な時間”を長くする~




ピアノ全然関係ないんですけどよく読まれてます。( 」´0`)」


コントラバスの松脂4種、弾き比べ!

独学にオススメの音楽の本、4選。


絵を描く用の左手デバイスに、テンキーを買いました。


スマホ代が月300円くらいになった。