37

「ピアノは小さい頃から習っていないと弾けるようにならない」
「大人になってからじゃ無理……」

そんな風に思っていた時期が、わたしにもありました。

しかし!

そんなことはありませんでした。



↓ピアノを習い始めて9ヶ月くらいのわたしの演奏動画です。





大人になってからピアノを始めるなら、今すぐに始めるのがどう考えてもいちばん早いのですが、それを邪魔する“思い込み”があります。

それが、「小さい頃から習ってないといけない」という勘違い。

これは「best」と「must」を誤解していて、

◯「小さい頃から習うのが良い」・・・・・・・ best
×  「小さい頃から習わなくてはいけない」 ・・・must
(=小さい頃から習わないと弾けない

ということなんです。

ピアノは筋肉・関節・姿勢の繊細な肉体コントロールが鍵となる楽器なので、小さい頃からやった方が「体の使い方」を覚えるのは断然早い、というのは、確かにそうです。これがベスト。

が、もし大人になってから始めたいのであれば、いちばん若いのはいつだって「今、この瞬間」なわけですから、たとえ今何歳だろうと、今すぐ始めるのがいちばん覚えが早い。

「ピアノが弾いてみたかったけど、もう良い大人だし、小さい頃からやってないと弾けないんだろうな……」と諦めている方!

そうでもないですよ( 」´0`)」
どうぞ気軽に始めてください。

途中でやめても良いんです。
また始めれば。

始めることが重要です。

「小さい頃から習う」はもう、大人になってしまったら、どう頑張っても実現できません。

大事なことは「ピアノを弾く」ことです。

ピアノは「小さい頃から習ってないと弾けない」のではなく、「弾かないと弾けない」んです。

当たり前に聞こえますか? では今すぐピアノを始めましょう。



あなたがピアノを弾けるようになるために本当に必要なことは、「小さい頃から習っていれば……」と後悔することではなく、「今すぐピアノを弾く」ことなんですから。