脱力して腕の重さを乗せるタッチは、よく響くメロディアスな音色を実現するためにとても大切なものです。

が、アーチ型に曲げた指は、完全に脱力したままだと衝撃を吸収してしまい、鍵盤に伝えたいはずの力まで吸収してしまいます。

なので、「脱力したタッチ」とはいうものの、脱力するのは「腕全体」で、「指」は形を固定する程度の力を入れる、というのが正解だと思っていました。

ところが、親指だけはそうでもないことに気づきました。

オクターブの和音を弾くときに気づいたんですが、親指って、側面が鍵盤に当たるんですよね。

ということは、関節の構造上、親指は力を入れても入れなくても「横には曲がらない」ので、指先まで脱力したまま指のアーチ型を保てることになります。

これに気づいてから、親指の脱力タッチが思うようにやりやすくなりました。

やったね!˖∙˚+\(˚▾˚ )/ˣ+.゚