IMG_6151

iPhone の音声認識秘書アプリSiriは、「手を使わずに」「話しかけるだけで」いろんなことができます。
特定のアプリを起動して操作することもできるので、料理中とか、手がふさがっている時とか、操作がめんどくさいときとか、なかなか便利。

普段よく使うキーワードをまとめました。




Hey Siri !

Siriを起動するには、何も設定をいじっていなければ、「ホームボタンを長押し」すればいいはずです。

わたしはボタンを押すのすらめんどくさいので、「Hey Siri」と話しかけるだけでSiriが起動するよう、設定をしています。

設定の方法は、

「設定」アプリ → 「Siri」 → 「"Hey Siri"を許可」

とタップするだけ。

こうして「Hey Siri」と話しかけるだけで、一切iPhoneに触れることなくSiriが起動します。


IMG_6159

デメリットがあるとしたら、「Hey Siri」っていうのがなんとなく照れ臭いことくらい。

「Hey Siri 〇〇して」という風に続けて言うことで、タッチレスでSiriが使えます。




「流して」

IMG_6154


曲を再生するキーワード。


例:「適当に曲を流して」
 ↓ 
ミュージックアプリに入っている曲がランダムに再生される。
 






「メモして」

IMG_6156

IMG_6157

メモアプリにメモを作成できる。


例:「メモして 買い物
 電池 靴 スリッパ はがき」


黄色いメモアプリにメモが作成される。
 



ちなみに、

「メモして 買い物 改行 電池 改行 スリッパ」

という風に、

「改行」

も発音すると、メモの内容にも改行が反映されます。便利。




「〇〇分タイマー」

IMG_6160

タイマーをセットできる。3分に設定すると、Siriがふざけることがある。

お湯を入れてから3分、みたいなキッチンでの場面で、両手を使わずにワンステップでセットできるのがいい。

「3分測って」でも代用可。


例「3分タイマー」


3分間のタイマーが設定される
 




「〇〇時にアラーム」


IMG_6153

アラームをセットできる。


応用編「〇〇時にアラームをセットして 名前は△△」


画像のように、アラームの名前まで指定してアラームをセットできる。

 



「〇〇時に起こして」

IMG_6158

アラームをセットできる。

眠くてもう限界、でもアラームだけセットしなきゃ、というときに、そのまんまの言葉でアラームをセットできるのがいい。仮眠するときとか。




おまけ「すべてのアラームを削除」

すべてのアラームを削除できる。
Siriで新規にアラームをセットしまくっているので、思い立った時にこのセリフで全削除しています。