no title



「ピアノで大きな音を出すには、腕の脱力が大事」と散々言われてきましたが、「実際、腕のどこを脱力するのか」がイマイチわからなかったので、 先生に聞きまくって本も読んで、細かく詰めました。

今までにも「大きな音の出し方」をテーマに3度記事を書いていますが、集大成です。




「筋肉」と「関節」に注目。

話を聞くうちに、どうやら

「筋肉は脱力するが、関節は固定するところもある」

ということがわかりました。


腕 = 筋肉 + 関節
 
と考えて、

・どの筋肉を脱力する?
・どの関節を固定する?

という視点で腕の各部位を見ていきます。

一目でわかるよう、イラストにまとめたものを、先にどうぞ。


IMG_6124




注目する筋肉と関節は、丸がついている部分。



IMG_6125



「脱力して腕の重み最大限利用して弾くことで、大きな音を疲れずに安定して出すことができる」という大前提をもとに、各パーツの使い方について、詳しく解説していきます。



IMG_6123




1. 肩

上げない。
「肩をすくめて」みてください。
やってみるとわかるのですが、肩を上げると、「腕全体を持ち上げる力」が働くので、「下に落としたい腕の重み」を打ち消してしまう。
肩に意識を向けていると上がりやすくなるので、おへその辺りに意識を向けておく。




2. 上腕二頭筋周り

脱力。
肘を曲げるときに力が入る部分。
つまりここに力が入ると、腕が持ち上がってしまい、「鍵盤に落とす腕の重み」を打ち消してしまう。




3. 上腕三頭筋周り

脱力。
上腕二頭筋とセットで、「どちらかが縮むとどちらかが伸びる」という関係のため、肘を曲げた姿勢だと自動的に脱力して伸びる。




4. 肘

固定しない。
腕を振り下ろす動きがあるため。
内側がやや上を向くと、上腕二頭筋に脱力ができている目安にしやすい。
逆に、肩肘張って鍵盤を思いっきり押さえつけるような弾き方だと、肘が上がって、ムダに打ち消しの「持ち上げる力」が生まれてしまう。



5. ここめっちゃ筋肉たくさんある

全体脱力。
前腕部は全部で20以上の細かい筋肉からできているので、特定の筋肉の脱力を感じて行うのは少し練習がいる。

 → ただし、オクターブの和音を弾くときなど、「指を広げる(パー)」ときに、どうしても力が入る部分。
(指を伸ばすために収縮する指伸筋、小指伸筋、尺側手指伸筋などがあるため)。
リラックスして脱力はするが、指を開くための最低限の力を残そう。




6. 手首

弾く瞬間のみ固定。
ここを脱力して固定すると、腕の重みを利用して振り下ろした力を吸収してしまう。

 → ただし、オクターブを連続で弾くときなど、指を開いている時は、手首から先を振り上げて下ろす動きが入る。招きねこ。




7. 指の関節(第1〜第3)

動かせるくらいで固定する。
頭をなでるときの手の形。どの関節も軽く曲げる。
弾く瞬間、指の付け根(第3関節)から少し指を上げて振り下ろす動きをつける。



以上を踏まえて、弾き方はこうです。




弾き方。

・脱力して、腕の重みを鍵盤に落とす。

・鍵盤が深く下がった瞬間、すばやく腕を跳ね上げ、脱力して「鍵盤を下げておくための圧力」だけを腕の重みで残す。

 → 鍵盤を離したらダンパーが弦の上に落ち、消音されるが、ダンパーが下りないための力はほんのわずかで足りる。弾いた後に力み続けるのは疲れるだけでいいことない。

・鍵盤を下のフェルト底に押しつけ続けない。
 音が鳴った時点でハンマーは弦を離れているので、音が鳴った「後」はどんなに強く(弱く)押さえ続けても、音には何も影響を与えない。

・上半身を前方に揺らさない。
 感情高まって鍵盤に覆いかぶさるような、肩の上がった弾き方をしてしまうと、大きな音を出すための「腕の重み」が打ち消されてしまう。




まとめると、こう!


IMG_6124





今のところ、つかめているのは以上です。

出したい音の一種を出すための、技術ひとつとってもこれですよ…なんとたいへんなのでしょう。

でも、もっともっといろんな音を出したいし、それらをどう組み合わせるか(その曲をどう表現するか)も考えたい!

ピアノは奥が深いぜー!( 」´0`)」< そして楽しい!






過去記事

 ピアノを弾くときの、からだの使い方。~弱音・強音~
 ピアノで大きな音を出すためには、“脱力しっぱなし”ではよくない
 ピアノで大きな音を出すための“コツ”を、少し掴んだ。