image

ここしばらく仕事で疲れ果ててしまい、ピアノもブログもやや低迷気味のももとです。。。

スランプだろうがなんだろうがほぼ毎日ピアノを弾いていたのですが、ここ最近仕事が忙しくなり、本当に疲れ果ててしまって、何もできない日が続いています。

習慣と化していたはずのピアノすら!ちくしょう!



ふと気づいたのが、ピアノを弾かずにいると、余計に疲れるということ。

理由はおそらく、ふたつ。

・仕事モードの頭をリセットできない。
・やりたいこと、大事にしていることをできないのが、自分でも嫌。





仕事モードの頭をリセットできない。

「家に帰ったらピアノを弾く」という習慣は、わたしにとって、仕事モードの頭をリセットするタイミングでもありました。

何も考えずにボーッとスマホを見る、という行為に近いかもしれない。受動的にSNSのバズコンテンツを消費するような、頭からっぽにできる行為という点では似ています。

もっとも、ピアノを弾いている最中は音色だの表現だの運指だのいろんなことを考えるので、もっと積極的な「頭の切り替え行為」だとは思っていますが。
仕事とは別のことに集中する、という時間を設けることで、一旦仕事から離れ、翌日もう一度仕事に集中できていました。




やりたいこと、大事にしていることをできないのが、自分でも嫌。

ピアノを弾くのは、わたしにとって小さいころからの夢であり、憧れでした。
それができるようになったことを、今でも改めて嬉しく感じる瞬間があります。

ピアノを弾けないというのは、「本当は大切にしたいのに後回しにしている」という状態なので、ずっと心に引っかかるものがあります。

さらに弾けない日が続くと、

「あー昨日も弾いてないのに今日も弾かなかったら、取り戻すのにどんどん時間かかっちゃうよ…でもこの疲労じゃあ、どうせ休みの日はぐうたらで、長時間の練習なんてできないだろうし…あ〜〜〜〜〜^^^」

という心理になりまして、それがまたつらい。 



---



解決するには、やはり少しでもピアノに触ること。わかりきったこと。

とはいえそれができなくて困っているので、今までの習慣化のメソッド総動員でなんとか「とにかく触る」ようにしてます。

それで精神的な疲労はずいぶんとマシになるはず。

働くピアノ弾きのみんな〜〜〜!!一緒にがんばろ!!!。゚゚(っ´﹏`c)゚゚。



というわけで、弾いてきまーす( 」´0`)」