FullSizeRender 12

ピアノで短い音を出すときに、

「切る」

という言葉と、

「抜く」

という言葉が使われることがあります。
 
このふたつの言葉が何を指しているのか、音色と体の動きがごっちゃになって説明されている気がしてモヤモヤしたので、共通点とちがいを整理してみました。

音色、手の動き、鍵盤の動きに注目です。




切る

FullSizeRender 15
FullSizeRender 14
FullSizeRender 16
 
手の動き : 手首をあまり動かさず、肘から先で軽く叩く

よく使う場面 : はっきりした印象を与えたいとき、スタッカートな音、細かい音の連続、fp

音色の印象:はっきり、軽い、硬い、跳ねるような、を伴うと緊迫感

音の長さ  : 短い
音の出だし : やや強い(硬い印象になる)
音の終わり : 減衰が短く、急に終わる

指  : ほとんど動かさない
手首 : 動かし過ぎない

鍵盤の動き : 少し下がり、すぐに上がる
鍵盤の沈んでいる時間 : 短い




抜く
FullSizeRender 13
FullSizeRender 12
FullSizeRender 11

手の動き : 脱力し、手首を柔らかくして、鍵盤を手前に軽く撫でる

よく使う場面 : 軽い印象を与えたいとき、なフレーズ

音色の印象: 少しぼかす、軽い、柔らかい、跳ねるような

音の長さ  : 短い(「切る」より少し長い)
音の出だし : 弱い(柔らかい印象になる)
音の終わり : 減衰が短く、急に終わる

指  : 鍵盤の手前側に撫でていく
手首 : 上に持ち上げる

鍵盤の動き : 少し下がり、指が撫でている間そのままで、その後上がる
鍵盤の沈んでいる時間 : 短いが、「切る」より長い(指が鍵盤から離れるのが「切る」より遅いため)



---



フゥー!スッキリした!

ちがいをはっきり分かった上で、使い分けたかったんですよね( 」´0`)」



ピアノ演奏の根本原理
トバイアス マテイ
中央アート出版社
2006-07-19
Amazon

楽天