MIYAGLASSDSC_7091_TP_V

普段飲み紅茶の定番銘柄 “English Breakfast” は、同じ名前でも各メーカーそれぞれ味や香りが違います。どれもミルクティー向きということは共通していますが、他は特にルールのないブレンド茶の商品名なので、差別化して各社腕の見せ所ってわけです。

自分用メモも兼ねて、今までに飲んだ3種類を飲み比べた感想を書きました。

・English Breakfast / TWININGS
・English Breakfast / AHMAD 
・The Morning / FAUCHON




English Breakfast / TWININGS


・ティーバッグのセットで買う人も多い、メジャーでリーズナブルなトワイニングの茶葉。
・とても素直な味。クセがなく、砂糖の味もわかりやすく出る。
・茶葉が細かめなので、短時間で濃く出しやすい。
・薄めに淹れればストレートでも飲めなくはないが、やはりミルク前提なのか、渋みは早く出る。ミルクを入れると渋みはまったく気にならない。
・値段に対して茶葉がたっぷり入っているので、普段の定番としてガブガブ飲める。
・茶葉の量も多く、温度が足りないと割と味が変わるので、ゴールデンルールで淹れる練習にもちょうどいい。





English Breakfast / AHMAD 


・比較的新しめのメーカー、アーマッド。
・不思議にスパイシーな香りと味。独特な風味はクセになり、他だと物足りなくなる。
・茶葉が細かいのですぐに濃く出る。
・あざやかで本当に美しい紅の水色。
・ストレートだと少しキツイが、ミルクを入れるとたいへんコクのある“ガツンとティー味”に。
・多めのミルクと、ほんの少しの砂糖がいい。
・豆乳を入れると、焼き菓子のような香りに。





The Morning / FAUCHON


FAUCHON 紅茶モーニング(缶入り) 125g



Tea bag
Amazon
 
Rakuten


Leaf
Amazon
 
Rakuten


・高級茶の代名詞、フォション。
・本当に値段が高い。100g 1800円。マリアージュフレールのマルコポーロよりは安いけど。しかし値段相応に、とてもおいしい!
・缶を開けると、チョコレートのような香り。少しダージリンに似ている。
・茶葉はかなり細かいので、短時間で濃く出る。
・ミルクティー用に濃いめに出したものをそのまま飲んでも、嫌に渋すぎることがないのがすごい。
・ミルクを入れると、思わず笑ってしまうほど濃厚でコクのある美味しいミルクティーに。
・「朝からこんないいものを飲んでいいのだろうか」という気分になる。お客さんが来たときや、自分へのご褒美、特別なときに淹れたい。
・砂糖の味が少量でもとても強く出るので、ほどほどがいい。




以上3種類。
また他メーカーのEnglish Breakfastを飲んだら追加して更新します( 」´0`)」


ピアノ独学8年がいろいろ書いてます。( 」´0`)」
 

【無料・有料】ピアノを“買わなくても”ピアノが弾ける場所まとめ
 

電子ピアノの選び方:買うときに大事にしたい3つのこと。


「ピアノ報告部」をつくります。一緒にピアノ弾きましょ!




よく読まれてます。( 」´0`)」


楽器を上達するために、いちばん大切なこと。


短く切る”ことで、どんな音を表現してるの?スタッカートの本当の意味。


人生でやりたいことをすべてやるために考えたこと。~2.“元気な時間”を長くする~




ピアノ全然関係ないんですけどよく読まれてます。( 」´0`)」


コントラバスの松脂4種、弾き比べ!

独学にオススメの音楽の本、4選。


絵を描く用の左手デバイスに、テンキーを買いました。


スマホ代が月300円くらいになった。