小学生のころから、裁縫が苦手でした。
 
最近、その呪いが解けたので、その話をします。

この記事を書くこと自体が、自分の中に蓄積してきた呪いの残滓を吐き出す最後のステップだと思うので、書かせてください。



---



小学生の頃、家庭科の授業で初めて針と糸を触りました。

細かい作業が得意だったわたしは、針の穴に糸を通す過程を楽しみ、そのまま針に糸を結びつけようと集中していました。

そのとき、今となってはクラスの女子だったか先生だったか思い出せませんが、誰かに言われました。

「結ばなくてもできるよ」

それはすごい!わたしは早速やり方を教わると、見よう見まねでやろうとしました。いわゆる『たま結び』です。

しかし、何度やってもできません。どうしても、「結んでしまう」のです。

当たり前です。たま結びは、通常とは異なる手順で簡単に「結ぶ」ことのできるやり方だったからです。

しかし「結ばない」と言われたわたしは、「結んだ状態になったらダメ」「これじゃちがうんだ」と、何度もやり直しました。

何度くり返しても、できませんでした。当然です。実際は結ぶのですから。

たま結びは、布に糸を通す前に、糸の端に「玉状の塊」を結び目によってつくっておくことで、縫っている途中で糸が抜けてしまうことを防ぐためのテクニックです。

たま結びができなかったわたしは、そもそも裁縫が始められませんでした。

みんながいろんな縫い方を試し、布巾や巾着などをつくり始める中、わたしはずっとたま結びをくり返していました。

泣きそうでした。理解できなかったのです。

言われた通りのやり方だと、 どうしても結び目ができます。

「結び目ができてはいけない」と思っていました。

なんとか工夫して結び目がないように糸のたまをつくっても、引っ張ると解けてしまいました。当然です。結んでいないのですから。

いつまで経ってもたま結びで苦戦しているわたしを見た、クラスの女子が言いました。 

「男子ってなんでこんな不器用なの?」
「こんなこともできないの?」

手先が器用だと自負していた当時10歳のわたしは、なけなしのプライドもズタズタになり、それ以来、裁縫に苦手意識を持ちました。

いえ、嫌いになりました。

中学校でも高校でも、家庭科の授業で裁縫の授業をやったはずですが。あまり覚えていません。中学校の家庭科の先生も嫌いでした。なぜかも覚えていません。この辺りは記憶が混合している気がします。「どうしてできないの」は、この先生から言われたような気もします。うまく思い出せません。裁縫からなるべく意識を背けていました。

やがて大学生になり、ひとり暮らしを始めましたが、服のボタンがひとつ取れただけで買い換えていました。一度ヤケクソになってぐちゃぐちゃの玉を糸でつくり、「これはたま結びじゃないけど知るか」と半ギレになりながらボタンをつけ直したことがあります。あまりいい気分ではありませんでした。だって、たま結びができないままなのですから。

「たま結びが理解できなかった」という記憶は、裁縫そのものへの心理的な抵抗を生み、もう一度トライしてみようだとか、今後のために苦手を克服しようだとか、思いもしないほど「手を出せない」気持ちになっていました。

どうでもいいのですが、このころから「結婚するなら裁縫のできる人がいい」と思い始めました。どうでもいいのですが。

もう完全に自分でやる気ゼロです。諦めていました。



それから15年が経ちました。

付き合っていた方に、シャツの取れたボタンを付けてもらっていました。

「たま結びができなくて苦手になった」「結ばないってのが理解できない」という話をしたことがありました。


「結んでいいんだよ」


と言われました。



許された気がしました。

ずっと「結んではダメ」だと、あのころの周りの声が、いつしか自分の心の声となり、言われ続けてきた、言い続けてきたことに、「結んでいいんだよ」というたった一言が、すべてを許してくれた気持ちになりました。

混乱しました。本当にいいのだろうかと。何度も「いいの!?」と聞き返したような記憶があります。感情が高ぶっていたことしか思い出せません。今までの思い込みはなんだったんだと。できないと思い込んでいたことが、実は本当に単純なことだったとわかって、悔しくて、それに思い至れなかった自分のバカさにも腹が立って、当時の先生やクラスの女子に対してわけもわからず今になって怒って、そしてなにより、嬉しくて。

彼女には本当に感謝しています。許してくれてありがとう。あなたのおかげで、わたしの人生は確実にいい方に向かいました。呪いが解けましたから。



さっき、自分でシャツのボタンをつけてみました。

悪くない気分でした。



ピアノ独学8年がいろいろ書いてます。( 」´0`)」
 

【無料・有料】ピアノを“買わなくても”ピアノが弾ける場所まとめ
 

電子ピアノの選び方:買うときに大事にしたい3つのこと。


「ピアノ報告部」をつくります。一緒にピアノ弾きましょ!




よく読まれてます。( 」´0`)」


楽器を上達するために、いちばん大切なこと。


短く切る”ことで、どんな音を表現してるの?スタッカートの本当の意味。


人生でやりたいことをすべてやるために考えたこと。~2.“元気な時間”を長くする~




ピアノ全然関係ないんですけどよく読まれてます。( 」´0`)」


コントラバスの松脂4種、弾き比べ!

独学にオススメの音楽の本、4選。


絵を描く用の左手デバイスに、テンキーを買いました。


スマホ代が月300円くらいになった。