社会人になって働き始めてから気づいたのは、「時間とお金と場所には互換性がある」ということでした。

例えばこんなことが起きています。

・手作業だと「時間」が足りない
→「お金」をかけて機械を導入し、効率化して解決
→「場所」を広くして、部品や商品の運搬時間を短縮して解決

・狭い場所で作業する機材を買う「お金」が足りない
→「時間」をかければ手作業でもできる
→「場所」があれば、そもそも機材なしでも作業できるようになる

・倉庫に商品を置いておく「場所」が足りない
→奥に詰めて、取り出すときは「時間」をかけて手前のものから順に動かして取り出す
→「お金」をかけて、倉庫面積を拡張する

このように、「時間」と「お金」と「場所」には互換性があって、どれかが足りないと感じたなら、別の2つを使えば解決できることがあります。経験則ですが。

なので問題解決のための発想の仕方として、

問題の原因が「この3つのどれかが足りないこと」とわかった

→「他の2つ」を使って解決できないか?と考えてみる

という アプローチがあると思います。すると、解決することがままある。

ふと思ったことでした( 」´0`)」